犬の習性の特徴について

犬の習性の特徴

スポンサード リンク

犬の習性で特に大切なことは、集団生活をすることです。

そして狼の場合、通常7,8頭の家族単位で生活しますが、大きな獲物を攻撃する場合は30頭から40頭位の群れとなり、年長の雄が全郡を統率し、その指揮の下に巧妙な狩猟をすることが知られています。

また指導者から最下位に至るまで、整然とした順位が保たれており、順位を決める第一条件が性別で雄が雌の上に立ち、第二条件が年齢、第三条件が気性、第四条件が才能、第五条件が体力となっています。

ただし、人に飼われている犬には、こうした集団生活をする習性があるわけではありません。

しかし、雄雌一緒に飼って子犬たちの成長を観察すると、その子犬たちの中に集団生活の規律があり、指導者以下から最下位のものまで、はっきりした順位があることが伺えます。

犬の習性 メニュー
リンク集

最終更新日:2011/06/05